宣伝物

マイナ保険証を強制するな☆12.3緊急アクション★

マイナ保険証を強制するな12.3緊急アクション
保険証廃止を勝手に決めるな マイナ保険証への強制反対 医療機関のオンライン資格確認導入義務化撤回

日時:2022年12月3日(土)14時~15時
場所:新宿駅東口アルタ前
主催:全国保険医団体連合会、中央社会保障推進協議会
同時刻Twitterデモ ハッシュタグ #マイナ保険証を強制するな

【25条共同行動】2022年10月8日(土)「第6波の結末 ~コロナ禍の障害者事業所~」

25条共同行動事務局会議で紹介がありました。
第6波の結末~コロナ禍の障害者事業所~

10月8日(土)放送
テレビ朝日系列 「テレメンタリー」テレメンタリー|テレビ朝日 (tv-asahi.co.jp)
大阪府の社会福祉法人コスモス。知的障害がある人のグループホームや、作業所など38施設を営み、570人を支える。この冬の第6波で、施設に住む障害者が次々と感染。しかし、病院にも府の療養施設にも受け入れてもらえず、コスモス側が施設の中で看病を続けた。休業による減収と看病のための出費で損失は8500万円にのぼった。この穴をどうやって埋めたらいいのか・・・。国にも自治体にも置き去りにされた事業所の9ヵ月を記録する。

10/30 2022年全国介護学習交流集会

変えよう!人を大切にする制度へ
~利用者・家族の人権保障、介護労働に正当な評価を~

日時:10月30日(日)11時から15時55分
会場:平和と労働センター
オンライン参加の場合は下記から登録、またはyoutube視聴ができます。
ZOOMウェビナー
チラシはこちらからダウンロードできます。→2022介護学習交流会チラシ(修正)

2022介護学習交流会チラシ(修正)のサムネイル

【署名】国の制度として、18歳までの医療費窓口負担を無料に 子ども医療全国ネット

国の制度として18歳まで医療費を無料に
10月3日の国会内集会で新署名がスタートしました。

詳しくは、
子ども医療費無料制度を国に求める全国ネットワーク

こちらからも署名をダウンロードできます。
子どもネット署名用紙(編集不可)

子どもネット署名用紙(編集不可)のサムネイル

【中央社保協】10.1_75歳以上医療費窓口負担2倍化反対デモ Ýoutube Live

【中央社保協】10.1_75歳以上医療費窓口負担2倍化反対デモ
75歳以上医療費窓口負担2倍化に反対するために新宿駅でデモ行進を行います!!
日時:10月1日(土)13:30~15:00(終了)
場所:新宿駅東口出発
スケジュール
13:30~ 新宿駅東口にで宣伝
14:00~ デモ行進出発(靖国通りで流れ解散)

マイナンバーカード取得義務化につながる「健康保険証の原則廃止」と「マイナンバーカードの保険証利用等に係るシステム導入の義務化」の撤回を求める署名

マイナンバーカード取得義務化につながる「健康保険証の原則廃止」と「マイナンバーカードの保険証利用等に係るシステム導入の義務化」の撤回を求める署名

各団体、地域社保協などでダウンロード、印刷してご活用下さい。

マイナ保険証反対署名(要請用)

マイナ署名【完成版】のサムネイルマイナ保険証反対署名(完成)のサムネイル

【中央社保協】9.21_75歳以上医療費窓口負担2倍化反対 署名提出行動

75歳以上医療費窓口負担2倍化反対 署名提出行動

日時:9月21日(水)13時30分~14時30分
場所:参議院議員会館(youtube liveにて配信)

  • 「高齢者のいのち・健康・人権を脅かす75歳以上医療費窓口負担2割化中止を求める請願署名」2022年9月14日までに中央社保協までお届けください。

新介護署名キックオフ集会【9/1開催】

新たな介護署名を推進していくために9月1日にキックオフ集会を開催します。政府は、2023年通常国会に向けて介護保険見直しの検討を進めています。利用料2割・3割負担の対象者拡大、要介護1、2のサービス削減、ケアプラン作成への自己負担導入、補助杖などの福祉用具の貸与から購入への変更など、負担増と給付削減の提案が目白押しです。利用者と事業者双方にさらなる矛盾、困難を押しつけるものであり、認めることはできません。

介護の新署名を推進していくにあたり、キックオフ集会を開催します。

当日資料こちらからダウンロード↓
<修正版>20220901介護署名推進キックオフ集会
2022秋の介護の運動提起

こちらからチラシ・新介護署名のダウンロードできます。
新介護署名キックオフ集会
2022介護保険制度の改善を求める請願署名

ZOOM情報
ミーティングID: 953 2615 5229
パスコード: 558359
https://onl.bz/TZncQjH

新介護署名キックオフ集会のサムネイル

【開催延期】   いのちのとりで裁判愛媛アクション/【10周年記念講演・井上英夫先生】社会保障裁判の意義と展望─権利はたたかう者の手にある─

現地・愛媛の主催者より連絡があり「愛媛県内では感染者数が急増」の影響を考慮し延期をするとの連絡が入りました。「日時等決まりましたら、ご案内いたします。」とのことですのでよろしくお願いいたします。

【全国からオンライン参加可!】
生活保護基準引き下げ裁判(いのちのとりで裁判)は、今年に入り、熊本地裁、東京地裁で原告勝訴の判決がありました。とりわけ、東京地裁判決は、一連の裁判動向の潮目を変えました。私たちが人間らしく生きていくためには、そして誰もが安心して暮らせる社会を創るにはどうしたらよいか、一緒に考えましょう。

案内チラシ、参加申し込みシート(7/19締め切り)⇒こちらをクリック

220723総会チラシのサムネイル