公立公的病院問題

岐阜県多治見市/多治見市民病院を守り地域医療の拡充を目指す「学習会」のご案内

昨年の9月、厚生労働省は市立多治見市民病院をはじめ、全国の公立・公的病院の1/3を名指しで統廃合の対象にし、「今年の9月までに検討結果を報告せよ」と迫ってきました。
私たち「多治見の地域医療の拡充を求める会」(仮称)は、こうした攻撃をする政府の狙いを明らかにし、それを跳ね返して、「いつでも・どこでも・誰もが必要な医療が受けられる」地域医療を拡充する確かな道と、「いま、私たちが出来ること」を学ぶ学習会を開催します。
講師は、医療問題の専門家。どんな疑問にも分かりやすく説明してくれます。
ふるってご参加下さい。

案内チラシ⇒病院統廃合学習会チラシ

病院統廃合学習会チラシのサムネイル

鳥取県社保協/「病院、なくしちゃ困る」と住民・医療者ら

1月13日、米子コンベンションセンターで「地域医療を考える学習交流集会」が開かれました。これは、昨年9月末に厚生労働省が再編や統合を検討すべき公立・公的病院のリストを発表したことを受けて企画されたもの。主催は県社保協と医療労働者の労働組合・鳥取県医労連がよびかけた「鳥取県地域医療と公立・公的病院を守る会準備会」です。参加者は、新聞で催しを知ったという島根県からの人も加え、会場いっぱいの約70人。基調講演の後に行ったフロア討論では、患者、医療従事者、住民など11人が発言(次頁に概要)。
主催者からは、署名集めと地域単位での「会」の結成を呼びかけ、今後も地域医療を考える場をつくっていくことが報告されました。

詳しくは⇒鳥取県社保協ニュース③202000131

勤医協宗谷医院・宗谷友の会/住みよいまちをめざして 大切にしたい地域の病院(ちらし)

勤医協宗谷医院・宗谷友の会が独自に発行されたチラシです。
稚内市長、猿払村長のコメントも掲載されています。

〇工藤広稚内市長のコメント
「医師の確保は喫緊の課題」
稚内市では、市民ぐるみで地域医療問題に取り組んでいます。宗谷管内の医師数は他の地
域と比較しても圧倒的に少なく、道内で最も少ない状況です。医療の充実を図るため、今
後も、地域の実情を訴え続けます。

〇伊藤浩一猿払村長のコメント
「もっと現場の声を聴くべき」管内の自治体は厳しい財政事情の中、創意工夫、努力しながら病院を運営しています。再編・統合の前に、今後、国として地域医療をどう守っていくのか、地域の皆さんがどうしたら安心してその地域に住み続けることができるのかもっと現場の声を聴くべきです。

ちらしは⇒病院再編ちらし

病院再編ちらしのサムネイル

北海道/公開学習会(2月3日)のご案内 公的病院再編・統合で北海道はどうなる?

厚生労働省は、地域医療構想に基づく再編・統合の対象として424
の公的病院(道内54 病院)を突如名指ししました。全国各地で一斉
に非難の声が上がっています。にもかかわらず厚生労働省は、各病院
と自治体等に対し、統合やベッド削減の計画を決めるよう迫っていま
す。北海道の医療、そして地域そのものが崩壊の危機にあります。
公開学習会を開催しますので、是非ご参加ください。

案内チラシ⇒実行委員会ニュース(No10)20200110

実行委員会ニュース(No10)20200110のサムネイル

神奈川県/公立・公的病院の「再編・統合」に抗議し、地域医療 の拡充 を求める要請

今回の厚労省の公表 と要請 は、 「地域医療構想」の進捗のみを目途に、 地域 や 病院の実情 や現状 を一切勘案することなく、画一的な基準で「再検討」を求める もので す。 こ れ は、県知事の権限に対する越権行為であり、地方自治に対する侵害です。
厚労省の「要請」 に基づいて再編・統合がすすめられれば、地域での医療を必要とする 患者・ 住民が、安全で質の高い医療を受けることができなくなります。また、 医師 や 看護師 など の 医療労働者の 不安 を増大させ、 離職・退職 の 加速 や 新規 採用 を いっそう困難に することは明らかです 。
厚労省の公表と要請に対して、当該・連携する医療機関や地域住民から怒りの声が多数あがっています。今回公表された公立・公的病院は、住民が安心して地域で住み続けるために必要な医療機関であり、必要な病床です。 厚労省が求める 「再検証」は、 安倍政権が掲げる 地方創生 にも逆行する「 地方切り捨て 」であり、 また、 地方自治の本旨に も 反する もので、容認できるものではありません。
県内10 病院を 含む 424 病院 のリストと 「再検証」 の 要請を白紙撤回し 、 地域医 療を守る観点からよりいっそうの 拡充を図る ことを 要請 します 。

要請書⇒公的病院の再編・統合要請書(県知事宛)

神奈川県の資料より⇒こちら

京都社保協/京都府知事へ、厚労省による「再検証要請通知」に関わる申し入れ

厚労省は、2019年12月24日の「地域医療確保に関する国と地方の協議の場」で、「再検証に対する一定の理解が得られた」として、1月に全国424病院に対し、病院のベッド削減や再編統合などの「再検証の要請通知」を発出するとしています。第3回「地域医療確保に関する国と地方の協議の場」では、全国424の病院に対し、ベッド削減や再編統合などを求める2つの基準、A:診療実績が特に少ない医療機関、B:類似かつ近接の医療機関(近くに同じような民間病院がある)を提示しました。この基準に該当する医療機関は、地域の調整会議で再検証協議の対象となるとされています。

一、国にたいして、424病院にたいする「再検証通知」を行わないように求めること。また、地域医療構想と公立・公的病院の改革プランなどが、いつでも・どこでも・誰でも、必要な医療が受けられる提供体制を整備していく計画なるように求めること。
一、4病院を含むすべての京都府内の医療機関の医師・看護師などの確保をすすめ、住民の医療を受ける権利を保障する施策を強めること。

詳しくは⇒015京都府申し入れ