資料

全国から視聴できるWeb学習会・講演会一覧(2022年1月19日更新)

都道府県社保協や中央社保協加盟中央団体等で開催される「Web学習会」「Web講演会」で、中央社保協に情報が寄せられ、各地からの視聴や参加が可能なものについて掲載します。
※各学習会・講演会についてのお問い合わせは、各主催者へお願いします。

◆中央社保協/新いのち署名・統一署名提出行動、介護集会
・日時:2022年1月28日(金)11時~
・情勢学習会 11時から
テーマ「新たな国会情勢下での新いのち署名、社会保障拡充のたたかい」(仮)
講師:横山壽一先生(佛教大学教授)
・参加方法は、添付の案内チラシを参照:こちらをクリック
【参加方法】
①Zoomでの参加⇒こちらをクリック
②YouTubeでの参加⇒こちらをクリック
★介護集会が13時~14時で開催されます。参加方法は同じです。⇒案内チラシを参照:こちらをクリック

◆第4回 いのちとくらしを守る税研集会
・日時:2022年1月29日(土)13時~30日(日)15時
・プログラム:案内参照⇒第4回 いのちとくらしを守る税研集会案内チラシ
・参加申し込み:申込書⇒第4回 いのちとくらしを守る税研集会・参加申込書②
[申込先]実行委員会事務局 (送付先は参加申込書に記載しています)
[締切り]2021年12月24日(金)までに「参加申込書」をお送りください。
・参加費:参加者1人につき 1日:1,000円(2日間参加すると 2,000円です)
※ 参加費は、いかなる理由でも返金できませんのでご了承ください。
[振 込]下記口座に12月30日(木)までにお振り込みください。 振込先は案内チラシ参照⇒第4回 いのちとくらしを守る税研集会案内チラシ

◆介護を良くする東京の会など/介護保険制度学習会
・日時:2022年2月5日(土)14時~16時
・講義
テーマ:介護保険制度の抜本的改革提言について
報告:森永伊紀さん(ホームヘルパー全国連絡会)
・参加案内チラシ:2021介護学習会チラシ
・参加申込書:2021介護学習会・参加申し込書
・参加申し込みフォーム:こちらをクリック

◆神奈川県社保協/〈介護学習交流会〉介護保険のいまと未来を考える
・日時:2022年2月6日(日)13:30~16:00
・学習講演
テーマ:中央社保協「介護保険制度の抜本改革提言(案)」はなにを示しているか
講演:林泰則さん(全日本民医連事務局次長)
・参加案内チラシ:【神奈川】22.2.6介護学習会チラシ
・参加方法:参加申込書⇒【神奈川】22.2.6介護学習会チラシ(参加登録用紙)
・参加申込フォーム⇒こちらをクリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【終了した学習会】

◆宮城県社保協/みんなで考えよう介護保険 みやぎ県民フォーラム2021
・日時:2021年12月4日(土)14:00~16:30(開場13:30)
・会場:フォレスト仙台2F 第7会議室
・第一部/学習講演
「新型コロナ後の社会と、求められる介護保険」
講師:正森克也氏((社福)こばと福祉会理事長)
※参加案内・参加申込チラシ⇒こちらをクリック
※参加方法(事前登録制)⇒こちらをクリック
FAXでの参加申し込みは上記チラシをご覧ください。

◆中央社保協/国保学習交流集会の開催
・日程 12月12日(日)10時~16時
・場所 完全オンラインで開催
・学習講演①「医療費適正計画の中での国保の位置づけと国のねらい」
講師・日本医療総合研究所 寺尾正之氏
・学習講演②「第二期運営方針の進捗と各地域の動向、次期国保料(税)について」
講師・神奈川自治労連 神田敏史氏
・講演「S市の市税等の徴収現場から」講師・徴収課職員
※参加案内・参加申し込み:国保学習交流集会について(PDF版)(Word版)

◆中央社保協など/第12回地域医療を守る運動全国交流集会
・日時:2021年11月23日(火・祝)13:00~17:30
・会場:オンライン開催
・記念講演:新型コロナ危機で明らかとなった脆弱な日本の医療とその背景
・講師:本田宏さん(NPO法人医療制度研究会副理事長)
・参加案内チラシ:こちらをクリック
・参加申し込み方法:こちらをクリック

◆滋賀県社保協/コロナと闘う和歌山の奮戦記!講演会
・講師:野尻孝子さん(和歌山県・福祉保健部・技監)
・日時:2021年11月27日(土)14:00~16:00
・会場:大津ふれあいプラザ5F
・案内チラシ⇒こちらをクリック
・参加方法⇒参加申し込み用紙(FAXを送付してください)

◆2021年(第19回)全国介護学習交流集会/講演
〈介護する人・受ける人が大切にされる介護保険制度への転換を〉
・日時:2021年10月31日(日)13:00~16:05(開場12:30予定)
・会場:全労連会館2階ホール
・講演テーマ:ケア労働から新しい民主主義を考える(仮)
・講師:岡野八代さん(同志社大学)
・参加方法⇒youtuこちらをクリック
・案内チラシ⇒2021年全国介護学習交流集会チラシ
・当日資料は⇒こちらをクリック

◆大阪社保協「自立支援介護」を問い直す 出版記念オンラインシンポジウム
・日時:2021年10月22日(金)18:30~20:30
・参加案内チラシ:こちらをクリック
・参加申し込み:こちらをクリック

◆第27回北海道医療介護研究集会
日時:2021年10月9日(土)13:00~15:30
場所:①TKP札幌駅カンファレンスセンター3階3B(札幌市北区北7条西2丁目)
②Zoomによるオンライン視聴
集会テーマ:「医療福祉は性の多様性にどう向き合うべきか」
講演:加藤丈晴弁護士/北海道合同法律事務所、「結婚の自由をすべての人に」北海道訴訟弁護団
講演テーマ:「性の多様性を人権の視点から考える~差別の問題から同性婚へ~」
参加自由、参加費無料
参加申し込み方法⇒こちらをクリック
案内チラシ⇒第27回北海道医療介護研究集会チラシ

◆京都社保協「10・14いのちまもる医療・社会保障立て直せ総行動」連帯企画・学習決起集会
・テーマ:日本の医療制度はなぜ良くならない?その理由を解明し、展望を語ろう!
・日時:10月14日(木) 18時30分から20時
・主催:京都総評・京都社保協
・講師:本田宏さん(外科医 NPO法人医療制度研究会副理事長)
・会場:オンライン +ラボール京都第7会議室
・参加方法:1014学習決起集会チラシ参照

◆いわての介護を良くする会「これでいいの?介護保険」
テーマ:介護保険制度創設20年、このままでは「保険料あって介護なし」~介護改善を求める運動を地域から~
講師:日下部雅喜氏(大阪社保協介護保険対策委員長)
日時:2021年9月17日(金)13:30~15:30
参加費:無料
参加方法⇒こちらをクリック

◆福岡県社保協・オンライン学習会
テーマ:『コロナ禍における政治の問題点について 』
講師:望月 衣塑子 氏(Mochizuki Isoko)
日時:2021年9月18日(土)14:00~16:00
参加費:無料
参加方法⇒こちらをクリック

◆75歳以上の患者負担2倍化止める!9.18学習決起集会
・日時:2021年9月18日(土)14:00~16:00
・講師:寺尾正之さん(日本医療総合検収書研究・研修委員)
・主催:年金者組合東京都本部・東京社保協・ 東京高齢期運動連絡会
・参加方法⇒チラシをご覧ください

◆中央社保協・新「いのち署名」スタート学習決起集会
・テーマ:医療・介護・保健所をただちに拡充!
・日時:2021年9月29日(水)18:00~20:00
・講師:長友薫輝氏 (三重短期大学教授)
・主催:全労連、中央社保協、医団連、医療3単産
・参加方法:9.29学習会チラシ(正)をご覧ください

◆茨城県社保協・総会学習会「やまゆり園事件が問う優性思想」
・茨城県社保協2021年度総会記念講演
・講師:鈴木静氏(愛媛大学法文学部教授)
・日時:2021年10月2日(土)13:30~15:00
・参加方法:こちらのチラシを参照してください

◆神奈川県社保協
75歳以上の医療費2倍化を実施させないスタート集会
・日時:2021年7月31日(土)13:30~16:00
・テーマ:後期高齢者医療制度の問題点と改善方向
・講師:寺尾正之さん(日本医療総合研究所研究研修委員)
・案内チラシ:こちらをクリック
・参加申し込み:こちらをクリック

◆【北海道社保協】緊急オンライン学習会
・もうすぐ総選挙いのち優先の政治 を 学習を力に勝利へ
弱肉強食と自己責任を押し付ける新自由主義政策を進める菅自公政権の下、国民や中小企業の経営は深刻です。菅自公政権は、さらに社会保障制度を改悪しようとしています。下記の学習会をオンラインで行います。是非ご参加を。
◆7月 6日(火)18時~ 菅政権がすすめる地域医療と公衆衛生 ~いのちと健康を守るためには~
講師 寺尾 正之さん(元保団連事務局次長) 申込URL http://urx.space/BVZd
◆7月10日(土)14時~ いのち最優先の政治を -新しい政権に求められる税と社会保障-
講師 大沢 真理さん(東大名誉教授) 申込URL http://urx3.nu/olwC
◆7月15日(木)18時~ コロナ禍乗り越え 安心の介護のために 介護される人のいのち大切にする介護制度を
講師 服部万里子さん (立教大学前教授) 申込URL http://urx3.nu/Cozv

◆【介護に笑顔を!道連絡会】安心できる介護制度をめざす学習会
・コロナ禍乗り越え安心の 介護 のために~「介護される人もする人も大切にされる制度 を」
・日時:7月15日(木)18時~
・講師:服部万理子さん(立教大学・前教授)
・参加申し込み方法:こちらをクリック またはチラシのURL か QR コードから必要事項を記入し 申し込みください。
・参加案内チラシ:こちらをクリック

◆医療・介護・保健所の削減やめて!いのちまもる緊急行動スタート集会
・日時:7月6日(火)18:00~19:30 完全オンライン
・主催:
医療・介護・保健所の削減やめて!いのちまもる緊急行動
<中央社保協・全労連・医団連(保団連、全日本民医連、医療福祉生協連、新医協、医労連)>
◆参加方法

方法①:ZOOMウェビナーはこちらをクリック⇒ https://bit.ly/3drDmNG
(事前登録が必要です。登録後招待メールが送られてきます)
方法②:YouTubeはこちらをクリック⇒https://youtu.be/hJzjLD-THiw
(終了後もアーカイブがみられます)
◆案内チラシはここをクリック

◆介護保険制度の抜本的転換を求める6.23院内集会~介護する人・受ける人がともに大切にされる制度を!
・学習講演テーマ:「介護保険制度20年の課題(課題)」
・講師:小竹雅子氏(市民福祉情報オフィス・ハスカップを主宰)
・日時:2021年6月23日(水)15:00~
・参加方法(案内チラシ参照)⇒詳しくはこちらをクリック

◆(愛知)実現しよう 希望の持てる社会を―2021年総選挙で実現しよう
・第1回テーマ:だれひとり、取り残さない社会を!
・日時:2021年6月27日(日)13:30~16:00
・講師:早川純午さん(愛知民医連会長)、藤井克彦さん
・参加申込、チラシ⇒こちらをクリック


◆石川県社会保障推進協議会第26回定期総会/記念講演

・テーマ:「日本の医療崩壊をくい止める」~医療提供体制の現状と改革の展望~
・講師:本田宏氏(NPO法人医療制度研究会副理事長)
・とき2021年6月19日(土)13時30分~
・参加申し込み⇒第26回総会記念講演チラシ&参加申込書

◆神奈川県社保協2021年度総会・学習講演
・テーマ:「全世代型社会保障改革」を跳ね返すために(仮題)~新型コロナウイルスのkン戦の広がりから見えてきたもの~
・講師:長友薫輝さん(三重短期大学生活科学学科教授)
・日時:2021年6月19日(13:30~)
・場所:建設プラザかながわ2階ホール+Zoom視聴
・参加申し込み:チラシのメールアドレスへ
・案内チラシ⇒こちらをクリック

◆沖縄県社会保障推進協議会2021年度定期総会・記念講演
・日時:2021年5月29日(土)14時―15時30分
・テーマ:コロナ禍のりこえ、いのちを大切にする社会をつくるために
・講師:伊藤周平先生〈鹿児島大学法文学部教授〉
・参加申込、詳細は⇒こちらをクリック

◆第3回いのちとくらしを守る税研集会・5月開催のご案内(直前まで申込可!)
税制・税務行政・社会保障を分野ごとに学び、交流し地域運動に活かしましょう!
[日時]2021年5月29日(土)、30日(日)の2日間
[会場]けんせつプラザ東京 ※ 両日ともリモート参加中心でお願いします
[詳細]29日(土) 午後1時30分開会 ~ 午後5時30分終了予定( 会場定員70人 )
第1講演:「全世代型社会保障の本質に迫る」
講師:芝田英昭立教大学教授(コミュニティ福祉学部 福祉学科)
第2講演:「来年度予算案と税制改正大綱の批判的検討」
講師:東京税財政研究センター理事長 岡田俊明税理士
30日(日) 午前10時開会 ~ 12時30分終了予定 *分科会で学習、討議、運動交流
[申込先]東京土建一般労働組合 渡邊睦のメール・アドレス( m-watanabe@tokyodoken.org )
◎詳しくは⇒第3回いのちとくらしを守る税研集会・5月参加申込書

◆子ども医療全国ネット国会内集会~今こそ国による子ども医療費無料制度を!
・日時:2021年5月26日(水)11:30~12:45(予定)
・会場:国会・参議院議員会館B103+Web(Zoom)
・特別報告:子育て世代の生活実情調査から見えてくるもの
・講師:武内一先生(佛教大学社会福祉学部社会福祉学科教授)
・詳しくは⇒こちらをクリック

◆介護保険料を下げるための地域運動構築を目指して~大阪からの発信
★日時:5月21日(金)14:00-16:00(zoom+大阪民医連会議室)
★内容:全国の第8期の介護保険料の状況、介護保険財政について、介護給付費準備基金とは、一般会計繰入問題について
★講師:日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員長
★申し込みはいりません。参加費無料。ただし、資料は5月19日夕方には大阪社保協ホームページにアップしますので、ご自分でダウンロードしてください。当日共有もします。レコーディングしますので後日もご覧いただけます。
★参加・視聴方法など詳しい内容・チラシ⇒こちらをクリック

◆高齢者人権宣言学習会
・日時:2021年5月15日(土)10時~11時
・主催:日本高齢期運動連絡会
・テーマ:国連の高齢者人権条約制定をめざした取り組みと日本の高齢者の人権
・講師:高田清恵さん(琉球大学教授)
・参加申込、チラシ、詳細⇒こちらをクリック

◆2021年度岡山弁護士会憲法記念県民集会
・テーマ:コロナ時代のいま「生活保護」を考える
・日時:2021年5月8日(土)13:00~16:15
・会場:岡山市民会館、youtube
・講師:木村草太氏、吉永純氏
・詳しくは⇒岡山弁護士会憲法記念集会案内チラシ

◆京都社保協
75歳以上医療費窓口負担2倍化反対・緊急決起集会
・日時:2021年4月22日(木)18時~20時
・会場:ラポール京都、Zoom参加可
・学習講演:75 歳以上医療費窓口負担2 倍化の問題点
・講師:横山壽一先生(佛教大学教授)
・参加申込:京都社保協まで⇒こちらをクリック

◆かながわ社会保障学校2021
・テーマ:コロナ禍の「社会保障」、「自己責任論」を斬る‼
・日時:2021年4月24日(土)13:30~16:00
・会場:建設プラザかながわ+Zoom視聴
・学習講演:今日の社会保障改革の現状と課題
・講師:村田隆史さん(京都府立大学公共政策学部講師)
・案内チラシ、参加申込書⇒こちらをクリック

◆大阪社保協/介護報酬改定学習会
・講師:日下部雅喜氏(大阪社保協介護保険対策委員長)
・日時:2021年2月25日(木)18:00~20:00
・参加方法、案内チラシ⇒こちらをクリック

◆北海道社保協/【緊急オンライン学習会】
・テーマ:菅政権が進める日本の医療~めざそう医療の充実~
・日時:2021年2月25日(木)18:00~
・講師:寺尾正之氏(日本医療総合研究所 研究研修委員)
・参加方法、案内チラシ⇒こちらをクリック

◆長野県社保協/第26回定期総会公開講演会
・テーマ:「全世代型社会保障「改革」の本質を問う」
・講師:唐鎌直義氏(立命館大学特任教授)
・日時: 2021 年 2 月 27 日 (土)13:00 15 :00
・開催方法 :オンライン 講演 (Zoom視聴)
・案内チラシ、参加方法⇒こちらをクリック

◆デジタル改革関連法案反対!3.5院内集会
・テーマ:デジタル改革法案の問題点(仮)
・講師:黒田充氏(自治体情報政策研究所代表)
・日時:2021年3月5日(金)15時30分~17時30分
・Youtube配信⇒詳しくはこちらをクリック

◆第2 2回あいち社会保障学校
・記念講演:マイナンバー制度の現状と社会保障(仮題)
〜名寄せ・プロファイリング・選別、そして排除〜
・講演:黑田 充 氏(自治体情報政策研究所代表)
・と き 3月7日(日)13:00開場  13:30-16:30
・ところ 保険医協会伏見会議室&リモート
★参加申込方法⇒こちらをクリック
★詳細は⇒こちらをクリック

◆北海道社保協/オンライン学習会
・テーマ:デジタル化でどうなる暮らし 社会保障・地方自治
・講師:白藤博行氏【専修大学法学部教授】
・日時:2020年2月12日(金)18:00
・参加方法:北海道社保協 shahokyo@dominiren.gr.jp までご連絡ください。
・案内チラシ⇒こちらをクリック

◆2.1高齢者中央集会での学習会⇒中止となりました
新型コロナ感染の拡大のもと、緊急事態宣言が発せられるとともに議員要請についても制約があり、本集会・行動は中止となりました。
・日時:2021年2月1日(月)10:30-15:00
(講演時間:10:30~12:00)
・講演テーマ:コロナ禍と国民のくらしの格差・貧困・孤立化の現実
・講師:板垣淑子さん
(NHK報道局社会番組部おはよう日本チーフ・プロデューサー)
・中央集会案内:こちらをクリック
・参加方法:こちらをクリック

◆権利としての福祉を守る関係団体共同実行委員会
・内容:コロナ危機にいける社会保障・社会福祉の動向―全世代型社会保障改革・報酬改定・新子育て安心プラン―
・講師:石倉康次氏(立命館大学教授)
・日時:2021年2月9日(火)10:00~12:00
・案内チラシ、申込用紙⇒こちらをクリック
※中央社保協は、実行委員会参加団体です。

◆石川県社保協/新春社会保障オンライン講演会
・テーマ:「軍事より社会保障と教育に予算を―国際人権法(社会権規約・子どもの権利条約)の観点から」
・演 者:申惠丰(しんへぼん)氏(青山学院大学教授)
・と き:  2021年2月6日(土)13:30~15:30
・案内チラシ、参加申込⇒こちらをクリック

◆総合社会福祉研究所の学習会のご案内
・テーマ:いのちと暮らしを支える福祉労働(仮)
・日時:2021年1月9日(土)13時~16時ころ
・会場:京都教育文化センター(会場定員30名)+Zoom
・参加費:2,000円
・詳細内容はこちらを参照⇒こちらをクリック
・参加申込⇒総合社会福祉研究所HPへ

◆千葉県社保協・国保改善運動学習交流集会
・日時:2020年12月20日(日)10:00~12:30
・問題提起:国保をめぐる国・県の動向と運動課題
・講師:鈴木英雄さん(千葉県社保協国保部会責任者)
・参加申込、案内チラシ:こちらをクリック

◆日本医療総合研究所の「研究セミナー」
・日時:2020年12月12日(土)〈開会〉13時30分~〈閉会〉16時【予定】
・報告テーマ、報告者
①環境と福祉の接合点に向かって(石坂誠氏)
②「自助・共助・公助」論と介護保険制度(曽我千春氏)
③「公的医療費抑制策転換に向けた意見書」について(長友薫輝氏)
・参加方法:チラシ参照⇒こちらをクリック
・参加費:無料

◆第29回和歌山県社保協総会記念講演会
・日時:2020年11月21日(土)14時30分開会
・講演テーマ:コロナ禍の経験をふまえ、社会保障政策の転換を
・講師:二宮厚美さん(神戸大学名誉教授)
・主催:和歌山県社保協
・参加申込:こちらをクリック

◆第11回地域医療を守る運動全国交流集会
・日時:2020年11月23日(月・祝)10:30~16:00
・記念講演:コロナ禍の日本~全世代型社会保障政策を撤回し、安心・安全の地域社会を
・講師:芝田英昭さん(立教大学コミュニティ福祉学部)
・主催:同・実行委員会(日本医労連、中央社保協、自治労連などで構成)
・参加申込:オンライン申し込み(日本医労連HPへ)e-mailでの申込用紙
・案内チラシ:こちらをクリック

◆コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守るZoom学習会
・テーマ:第4回コロナ禍における納税緩和制度~猶予手続の基礎と特例~
・講師:佐藤靖祥さん(弁護士・滞納処分対策全国会議事務局長)
・日時:2020年10月3日(土)10:30~12:00
・参加費:1000円(事前振込)
・参加申込:案内・申込
・FB:案内

◆藤井克徳氏講演会 ※定員に達したため締め切られました(9/30)
・テーマ:だれ一人置き去りにしない社会をめざして~コロナにめげず、社会保障の後退をゆるさず、私たちが今とりくむこと~
・講師:藤井克徳さん(いのちのとりで裁判全国アクション共同代表、きょうされん専務理事)
・日時:2020年10月10日(土)13:30~15:00
・案内チラシ、事前申込:藤井克徳氏講演会チラシ

◆2020年全国介護学習交流集会
・テーマ:制度発足20年の現実から介護保険を問い直す―コロナ禍から安全安心の介護保障を問い直す―
・講師:井口克郎さん(神戸大学大学院准教授)
・日時:2020年10月25日(日)13時30分~16時
・案内チラシ:2020介護集会チラシ 表裏

◆この国のあり方と社会保障制度を考える「講演会」
・日時:2020年11月7日(土)14時~16時
・講師:東京外国語大学・名誉教授 西谷 修さん
・テーマ:コロナ禍後の日本の課題~ 誰もが生きられる社会へ~
・主催:守ろう!介護保険制度・市民の会/MCW(医療・介護・福祉の会)/ 中央社保協
・参加申込:オンラインでの申込方法こちら、FAXでの申込【チラシ下に記入欄有】こちら
・案内チラシ:チラシ(表面)チラシ(裏面)

全日本民医連/補足給付見直しによる影響調査の 結果について〈記者会見資料〉

全日本民医連が2021年12月14日(火)13:00 厚生労働記者会で発表した「補足給付見直しによる影響調査の 結果について」の資料を掲載します。⇒補足給付見直し影響調査 記者発表資料(2021年12月14日)

補足給付見直し影響調査 記者発表資料(2021年12月14日)のサムネイル

中央社保協/75歳以上医療費窓口負担2割化は中止せよ」 の要請 FAX を厚生労働大臣に集中しよう!

「厚生労働省は一定所得以上の所得がある75歳以上医療費の後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる時期を、2022年10月からする方向で調整に入った」と報道されました。2022年予算の編成過程で導入時期を正式に決めるとしています。ただ与党内から、「来年夏に参議院選挙が控える中、高齢者に追加の負担の負担を強いるのは急ぐべきでない」との意見や「コロナ禍で相次いだ受診控えをさらに招きかねない」との懸念も出ているとされています。つきましては、各団体中央本部、各県組織からの厚生労働省へのFAX要請を行うようお願いいたします。

※参考文例⇒「75歳以上2割化中止」FAX要請 案文(PDF版)word版

「75歳以上2割化中止」FAX要請 案文のサムネイル

絶対、実施させない!75歳以上医療費窓口負担2倍化(資料集②)~2021年12月3日更新

※絶対、実施させない!75歳以上医療費窓口負担2倍化(資料集②)を2021年9月29日からスタートさせます。⇒「資料集①」はこちらをクリック

※当面の行動提起
・「
75歳以上医療費窓口負担2割化は中止せよ」の要請FAXを厚生労働大臣に集中しよう!⇒「75歳以上2割化中止」FAX要請 案文
1.宣伝資材
①署名用紙&チラシ⇒署名用紙(PDF版)署名用紙(Word版)75歳2割反対チラシ再修正20211014版
・神奈川県社保協作成チラシ⇒(神奈川)5歳以上2割化反対ビラ20211130
②議会請願(ひな形)⇒75歳2割負担反対 請願書(PDF版)(Word版)
③宣伝資材
・ポスター:ポスター
・保団連作成:2割化ストップ署名チラシ
④アンケート:高齢期運動連絡会声を上げようアンケートA
・アンケート用紙を印刷しFAXで送る⇒高齢期運動連絡会声を上げようアンケートA
・パソコンから送る⇒こちらをクリック
⑤東京高齢期運動連絡作成リーフ⇒(東京高連)2倍化阻止リーフ
2.学習資材
後期高齢者医療制度窓口負担2割化を阻止しよう【2021.02.01神奈川県社保協事務局長根本隆】
後期高齢者医療制度の問題点と改善点、運動の課題【社会保障490号】
後期高齢者医療制度と「窓口負担2割化」〈石川県社保協寺越氏作成〉
後期高齢者医療制度と後期高齢者2割負担について(石川県社保協寺越氏作成)
(保団連)210205 75歳2割など負担増計画(Ver.3-1)
75歳の医療費窓口負担が2倍に?【岩崎勇氏作成(日本年金者組合千葉県本部)】
高齢者医療費2割負担に関する(75歳以上)アンケートからアンケートで寄せられた意見
伊藤周平先生講演(2021年7月)資料(PDF版)
⑨高齢者負担増を考える⑥保団連HPへ【唐鎌直義先生論考】
3.10月4日学習会資料
①10月4日学習決起集会&国会議員要請行動⇒チラシはこちらをクリック
録画視聴⇒youtu配信はこちらをクリック
当日資料など⇒こちらをクリック
※神奈川県社保協からの活動報告⇒こちらをクリック

75歳窓口2割反対署名最終PDF版のサムネイル

75歳2割反対チラシ再修正20211014版のサムネイル2割化ストップ署名チラシのサムネイルポスターのサムネイル高齢期運動連絡会声を上げようアンケートAのサムネイル

自治体キャラバン全国データ

都道府県社保協の「自治体キャラバン」データを順次掲載していきます。
各社保協からの情報提供をお待ちしています。(中央社保協事務局)

都道府県 2019年度 2020年度 2021年度
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県 ②、HP
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

 

中央社保協/全国の高齢者など補聴器購入費助成の運動を進める交流のページ【12月3日更新】

全国各地からの運動・活動、議会への働きかけなど、様々な情報を中央社保協までお寄せ下さい。

◆全国の条例制定の一覧
※意見書・請願採択:地方議会20210921(正)帯広意見書兵庫県・川西市岩手県議会日野市
※補聴器購入資金助成制度実施地方公共団体(日本年金者組合HPへ)⇒こちらをクリック
◎各自治体の補助制度
・札幌市/子どもの補聴器購入費等を助成します(札幌市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・北海道赤井川村/補聴器の購入補助について(赤井川村HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・北海道北見市/北見市高齢者福祉サービス事業一覧【6 補装具交付(補聴器) 】(北見市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・北海道東川市/補聴器購入助成制度(参考資料)⇒こちらをクリック
・北海道蘭越町/補聴器購入助成制度(参考資料)⇒こちらをクリック
・北海道池田町/補聴器購入費の一部を助成します(池田町へ)⇒詳しくはこちらをクリック
・北海道弟子屈町/補聴器購入助成制度(参考資料)⇒こちらをクリック
・岩手県遠野市/日常生活の支援(補聴器の給付(軽度難聴者))(遠野市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・岩手県大船渡市/軽度難聴者支援事業実施要綱(大船渡市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・岩手県九戸村/難聴者の補聴器購入費を助成(九戸村HPへ)⇒詳細はこちらをクリック報道より
・栃木県宇都宮市/老人福祉補聴器の交付(宇都宮市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・栃木県足利市/日常生活用具給付事業(補聴器)(足利市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・茨城県古川市/補聴器購入費等助成(古河市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・新潟県阿賀野市/軽・中等度難聴者補聴器購入費助成事業(阿賀野市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・新潟県三条市/補聴器購入費助成事業(三条市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・新潟市見附市/難聴者補聴器購入費助成事業について(見附市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・新潟県聖籠町/難聴者補聴器購入費助成事業(聖籠町HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・新潟県刈羽村/難聴者補聴器購入費助成(刈羽村HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都足立区/高齢者補聴器購入費用助成事業(足立区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都板橋区/高齢者補聴器購入費助成事業(板橋区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都渋谷区/高齢者補聴器購入費助成(渋谷区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都新宿区/補聴器の支給(新宿区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都豊島区/高齢者補聴器購入費助成(豊島区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都練馬区/高齢者の補聴器購入費用助成事業(練馬区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都文京区/高齢者補聴器購入費用助成事業(文京区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都利島村/高齢者補聴器購入費助成事業(利島村HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都千代田区/補聴器購入費の助成(千代田区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都江東区/高齢者補聴器の現物支給及び購入費助成(江東区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都江戸川区/補聴器購入資金の一部助成(江戸川区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
東京都葛飾区/補聴器購入費助成(葛飾区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都大田区/高齢者補聴器購入費助成(大田区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都中央区/補聴器購入費用助成(中央区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・東京都墨田区/高齢者の補聴器購入費を助成しています(墨田区HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・千葉県浦安市/補聴器の購入費助成(浦安市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・千葉県船橋市/補聴器購入費用助成事業(船橋市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・千葉県印西市/【受付停止中】高齢者の補聴器購入費用を助成します⇒詳しくはこちらをクリック
・埼玉県朝霞市/高齢者補聴器購入費助成事業のご案内(朝霞市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・神奈川県/軽度・中等度難聴児補聴器購入費補助事業について(市町村補助)(神奈川県HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・長野県木曽町/木曽町高齢者補聴器購入費補助金(木曽町HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・長野県南牧村/
・長野県南箕輪村/南箕輪村高齢者補聴器購入費用助成(南箕輪村HPへ)⇒こちらをクリック
・静岡県長泉町/高齢者補聴器購入費助成事業(長泉町HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・静岡県焼津市/高齢者保健福祉用具(補聴器)給付の申請の流れ(焼津市HPへ)⇒こちらをクリック
・静岡県磐田市/
在宅支援・補聴器購入費助成(磐田市HPへ)⇒こちらをクリック
・岐阜県輪之内町/高齢難聴者補聴器購入費の助成について(輪之内町HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・愛知県北名古屋市/北名古屋市難聴高齢者補聴器購入費補助金要綱⇒2021年4月制度を廃止、障害者手帳6級取得へ移行
・愛知県設楽町/難聴高齢者補聴器購入費等助成⇒こちらをクリック【設楽町「暮らしの便利帳」P17を参照】報道より
・愛知県犬山市/犬山市難聴高齢者補聴器購入費助成事業(犬山市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・愛知県稲沢市/軽度・中等度難聴児の補聴器購入費の助成(購入・修理)⇒詳しくはこちらをクリック
・兵庫県明石市/高齢者の補聴器購入費の助成(明石市HPへ)⇒こちらをクリック
・福岡県田川市/軽度難聴者補聴器購入費助成(田川市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック
・沖縄県那覇市/加齢性難聴者に対する、補聴器購入費用の助成について(那覇市HPへ)⇒詳しくはこちらをクリック

◎全国の運動
◆岩手県議会で意見書採択される(2021年10月13日)
・岩手県社保協ニュース⇒社保協ニュースNo10(21.11.15)補聴器請願
・岩手県議会意見書⇒加齢性難聴者の補聴器購入に対する公的支援制度創設を求める意見書
◆千葉市での条例制定の動き

千葉市高齢者補聴器購入費助成条例案
提案理由説明 全文
◆京都市での活動
補聴器請願署名用紙
署名要請補聴器チラシ
◆高松市での活動・・・「たかまつみみの会」
・2021年5月17日結成会の資料⇒こちらをクリック
・加齢性難聴者の補聴器購入に対する公的助成の創設を求める署名⇒みみの会 署名用紙
・高松市の回答(2021年9月22日)⇒こちらをクリック
◆全生連のニュースより
・2020年3月22日号⇒生活と健康を守る会頑張る、運動前進 補聴器に公的助成を 成果獲得

◎学習資料
・けんこう教室  (全日本民医連HPへ)
難聴と認知症⇒こちらをクリック 難聴と補聴器⇒こちらをクリック
・産婦・子育て支援への助成拡がる(愛知県保険医協会HPへ)⇒こちらをクリック
・全生連「生活と健康/難聴と補聴器を考える」⇒こちらをクリック
・北海道社保協「笑顔でくらしたい120号/住民の世論と運動で補聴器購入の助成制度広がる」⇒こちらをクリック

中央社保協/介護改善運動データバンク

中央社保協「介護障害者部会」では、介護保険は21年かけて改悪を重ね、もはや「老いの命綱」の役割を果たせないところまで劣化している状況を改善し、介護政策の抜本的転換を求める取り組みを進めていくために「介護改善運動データバンク【仮称】」を開設します。全国各地の運動の交流、中央での介護7団体の活動状況、中央社保協「介護保険制度の抜本改革提言(案)」、各団体での調査・アンケート結果、政府の政策動向などを順次紹介し蓄積していきたいと考えています。皆さんからの積極的な情報提供やご協力を得て「たたかいに活かせる」ページに育てて頂ければ幸いです。

1.2021年版介護改善署名
「介護保険制度の抜本的転換を求める請願署名」 ~介護する人・受ける人がともに大切にされる制度へ~

2.中央社保協「介護保険制度の抜本改革提言(案)」
①提言案の本文:★★★介護提言案20201212版(PDF版)(Word版)
②学習パワーポイント:20210213版介護提言案学習スライド

3.介護7団体の活動
※介護7団体とは:公益社団法人認知症の人と家族の会/21世紀・老人福祉の向上をめざす施設連絡会/守ろう!介護保険制度・市民の会/いのちと暮らしを脅かす安全保障関連法に反対する医療・介護・福祉の会/全日本民主医療機関連合会/全国労働組合総連合/中央社会保障推進協議会
①総選挙へ向けて要望要求書:「介護政策の抜本的転換を求める7団体の要求・要望」(PDF版)(Word版)
②市民連合HPでの紹介記事⇒こちらをクリック

4.2021年(第19回)全国介護学習交流集会
☆介護をする人・受ける人が大切にされる介護保険制度への転換を
・日時:2021年10月31日(日)13:00~16:05
・会場:全労連会館2階ホール、Web併用
・講演:ケア労働から新しい民主主義を考える(仮)、講師は岡野千代さん
・参加方法・チラシ:2021年全国介護学習交流集会チラシ

5.実態調査、アンケート結果など
※中央社保協
・介護認知症なんでも無料電話相談の結果(速報版・修正版)⇒2021介護認知症なんでも無料電話相談の結果(速報版・修正版②)
①全労連
・介護労働実態調査結果(2019年4月26日)⇒【全労連HPへ】こちらをクリック
②日本医労連
・介護施設夜勤実態調査⇒【日本医労連HPへ】こちらをクリック
・「新型コロナウイルス対策」に関するアンケート調査結果⇒【日本医労連HPへ】こちらをクリック
・日本医労連介護提言【日本医労連HPへ】⇒こちらをクリック
・愛知医労連/介護・障害職場の夜勤実態アンケートまとめ【愛知医労連HPへ】⇒こちらをクリック
③全日本民医連
・「補足給付見直しの中止・凍結を求める団体署名」の取り組み(記者会見資料)⇒こちらをクリック
④公益社団法人 認知症の人と家族の会
・認知症の人と家族の会【調査・研究】(同会HPへ)⇒こちらをクリック
・認知症の人と家族の会【提言・要望・主張】(同会HPへ)⇒こちらをクリック
・認知症の人と家族の思いと介護状況および市民の認知症に関する意識の実態調査報告書(同会HPへ)⇒こちらをクリック
・認知症の人と家族の思いをより深く知りたいあなたへ(同会HPへ)⇒こちらをクリック

 

 

◆中央社保協/【全国からWeb参加可】国保学習交流集会の開催のお知らせ

◆中央社保協/国保学習交流集会の開催のお知らせ
・日程 12月12日(日)10時~16時
・場所 完全オンラインで開催
・学習講演①「医療費適正計画の中での国保の位置づけと国のねらい」
講師・日本医療総合研究所 寺尾正之氏
・学習講演②「第二期運営方針の進捗と各地域の動向、次期国保料(税)について」
講師・神奈川自治労連 神田敏史氏
・講演「S市の市税等の徴収現場から」講師・徴収課職員
※参加案内・参加申し込み:国保学習交流集会について(PDF版)(Word版)

連絡21-05 国保学習交流集会についてのサムネイル

石川県社保協/新型コロナウイルス等の感染症対応を踏まえた地域の医療提供体制の確保・充実を求める意見書

地域の医療提供体制については、各都道府県において「医療計画」を策定し、必要となる医療機や各医療機能を担う医療機関等を定めるなど、医療連携体制の構築に向けた取組を進めるとともに「地域医療構想」を策定し、病床機能ごとに、2025年の医療需要と病床の必要量を推計した上で、将来の医療需要を見据えた病床機能の分化・連携に向けた取組を進めているところである。
こうした計画等は、今般の新型コロナウイルス感染症のような一般の医療に大きな影響が及ぶ新興感染症の感染拡大時における医療提供体制を勘案し策定されたものではなく、平時の医療需要に対応した医療資源の適正配置に向けた取組を進めるものである。(中略)
国におかれては、地域医療構想など地域の実情に応じた医療提供体制の確保に向けた取組を進めるに当たって、今後、新型コロナウイルス等の感染症対策に支障がないよう、地域医療構想について見直しを含めた慎重な対応を図るとともに、感染症対応を勘案し、医療機能を適切に発揮できる病床の確保や、それに見合う医療人材の確保等の観点から施策を講じるよう、強く要望する。
意見書⇒新型コロナウイルス等の感染症対応を踏まえた地域の医療提供体制の確保・充実を求める意見書
※自民党と共産党の共同提出で全会一致で採択になりました。(石川県社保協の報告より)

新型コロナ、地域医療体制の充実を求める意見書のサムネイル