チラシ・リーフ

都立病院の充実を求める連絡会/都立病院・公社病院の独立行政法人化には反対です!

東京都は、一度立ち止まって現実を見てください

新型コロナ禍で真っ先に患者を受け入れ、治療にあたったのが都立病院と公社病院です。
新たな感染症が発生した時、迅速に対応できる医療機関や保健所などのセーフィテーネットが必要です。
しかし、東京都は記者会見などで、新型コロナに対応する医療従事者に感謝すると言いながら、都立と公社病院を都の直接的な運営から外し、地方独立行政法人にすることを決めました。
地方独立行政法人は経営「赤字」を減らすことや、職員の雇用・労働条件の切り下げを求め、できなければ病院の縮小、廃止するための仕組みです。
新型コロナ禍で都立と公社病院のなくてはならない重要な役割がはっきりしました。
こんなことは絶対やめさせましょう!

宣伝チラシ⇒こちら

宣伝用チラシ第2弾7(カラー)のサムネイル

全労連/コロナ問題緊急労働相談ホットライン

解雇・休業補償・安全対策・ハラスメントコロナ問題の困りごとはすぐ相談

【日  時】 5月16日(土)午前10時~午後5時
(都道府県によって時間が変わる場合があります)
【電話番号】 0120-378-060(フリーダイヤル)
全国どこからかけても無料でつながります。
【相 談 例】
・コロナウイルスによる営業不振を理由に雇い止めされた
・明日から休んでくれと言われた。いつ復帰になるかわからない
・休んだ分の休業補償をしないといわれた
・在宅ワークをさせてくれない5.16コロナ問題ホットライン チラシ2のサムネイル

 

兵庫県社保協/コロナ問題の困りごとはすぐ相談~解雇・休業補償・安全対策・ハラスメント

(兵庫県社保協からの情報提供です)
困っていることがあれば、お電話ください
●コロナウイルスによる営業不振を理由に雇い止めされた
●明日から休んでくれと言われた。いつ復帰になるかわからない
●休んだ分の休業補償をしないといわれた
●在宅ワークをさせてくれない
● 正規と非正規で補償に差がある
●勤務日数や時間を短くされた
5.16コロナ問題ホットライン チラシのサムネイル