新着情報

「生活保護基準引下げ処分取消訴訟」の公正な判決を求める署名のお願い

愛知県社保協より、愛知「生活保護基準引下げ処分取消訴訟」の判決を前にして、名古屋地方裁判所への公正な判決を求める個人署名および団体署名のお願いです。
詳細は、添付の「署名のお願い」を参照ください。
署名は、第1次集約1月末提出。最終集約・提出2月末を予定となっています。

①詳しくはこちら⇒署名のお願い
②詳しくはこちら⇒個人署名用紙
③詳しくはこちら⇒団体署名用紙

※この件についてのお問い合わせ先、署名送付先
生活保護基準引き下げ反対愛知連絡会・愛知県社会保障推進協議会
〒456-0006 名古屋市熱田区沢下町9-労働会館東館301 愛知社保協内
TEL 052-889-6921 FAX 052-889-6931 Email; syahokyo@airoren.gr.jp
※署名用紙は、できるだけ2020 年1 月20 日までにお願いします。

 

 

(新)75歳以上医療費窓口負担2割化に反対する請願署名

2019年12月19日に発表された政府の全世代型社会保障検討会議中間報告で、現在「原則1割」の75歳以上高齢者の医療費窓口負担について「負担能力に応じたものへと改革していく」と強調されました。そして、後期高齢者について、「一定所得以上」の人を対象とした「2割負担」を導入することを盛り込みました。今後、「団塊の世代」が75歳以上になり始める2022年までに実施できるよう法制上の措置を講じるとしています。これまでの「原則2割化」としていたものから世論の反対を受け、一定の修正はあるものの基本的な狙いは変わっていません。
情勢の変化を受け新署名を提起しますので、署名用紙の切り替えをお願いします。
また、これまでの「原則2割化反対」の署名用紙につきましては、署名提出行動などで新署名とあわせて提出いただけますようお願いします。(中央社保協)

署名用紙⇒後期高齢者窓口負担署名用紙1225

後期高齢者窓口負担署名用紙1225のサムネイル

中央社保協/2019年度中央社保協全国代表者会議(2月5日)のご案内

各位

お疲れ様です。
2019年度中央社保協全国代表者会議の案内です。
会場確保の関係もあり、連絡が遅くなり申し訳ありません。
全世代型社会保障検討会議の中間報告を受け、来春の通常国会は社会保障改悪の総仕
上げを狙う攻撃が強行されようとしています。
共同行動の拡大と地域でのたたかい推進の意思統一の場となる代表者会議です。
各団体、社保協のからの代表者の参加をよろしくお願いします。1月27日(月)ま
でに、参加者について連絡ください。

◆2019年度全国代表者会議
・日時 2020年2月5日(水) 10時半~16時半
・場所 参議院議員会館101会議室

案内状・参加申込書⇒こちら

病院再編統合問題/公立・公的病院に引き続き民間病院の情報公開は都道府県の判断に。

公立・公的病院の424病院の再編統合の再検討を求めるリストが公表されて、大きな波紋や反対の動きが起こっています。厚労省は、今度は民間病院のデータを公表へむけて年明けにもデータを県に提示し、その公表の判断は都道府県に任せるとのことです。報道によりますと「総務、厚生労働の両省は1224日、第3回「地域医療確保に関する国と地方の協議の場」を開催、厚労省は地域医療構想の調整会議で活用する民間病院のデータについて、年明けのできるだけ早い時期に都道府県に提示するとともに、民間病院データを一般に公表するかどうかなど、その取り扱いは都道府県に判断を委ねる方針を示した。」(m3.com 12月24日より)また公表の対象になるのは「2017年の病床機能報告で高度急性期、急性期病床を有すると報告した民間病院。」(同)とのことです。また情報がわかりましたら掲載していく予定です。
詳しくは⇒総務省ホームページ

 

自治労連/424病院問題での自治労連の取り組み

公立公的424病院再編統合リストの白紙撤回に向け各地域で懇談・要請行動などのとりくみ展開

厚労省が9月26日、公立・公的病院に具体的対応方針の「再検証」を求める必要があるとして全国424の病院を名指しで公表した問題に対して大きな怒りの声が相次ぎ波紋を呼んでいるもと、自治労連としても「公立公的病院等再編・統合阻止共同行動」(424共同行動)に結集し、再検証リストの白紙撤回を求め、住民のいのちと健康守る公立・公的病院を守る取り組みをすすめています。各地域では、地域社保協や守る会・連絡会等での懇談・要請行動を行うなど取り組みが展開されています。
詳しくは自治労連ホームページは⇒こちら

鳥取/地域医療と公立・公的病院を守る鳥取県連絡会準備会が立ち上がりました

岩美病院、西伯病院、日南病院、鳥取県済生会境港総合病院が、再編・統合の対象に?

厚生労働省は9月26日、全国424病院の公立・公的病院のリストを公表し、2020年9月までにその病院の統廃合や再編・ベッド縮小などの計画を具体化せよと都道府県に求めました。鳥取県では岩美病院、西伯病院、日南病院、鳥取県済生会境港総合病院の4病院が対象です。どの病院も、地域の住民の命と健康をまもって日々奮闘しています。地域医療や病院の実情を考慮にいれず、画一的な基準で統廃合をすすめれば、地域の医療崩壊につながりかねません。

詳しくは⇒鳥取準備会

鳥取準備会のサムネイル

公立公的病院つぶしノー、12月4日に中央社保協、全労連などが記者会見

中央社保協や全労連、日本医労連などは、12月4日に厚労省で記者会見を開きました。しんぶん赤旗の報道記事と当日資料を掲載します。

報道記事⇒こちら
①共同声明⇒こちら
②行動提起⇒こちら
③宣伝ちらし⇒こちら
④署名用紙⇒こちら
⑤分析資料⇒こちら

20191205134956053のサムネイル

 

各団体の声明・談話、要請文

9月26日の公立・公的病院再編統合の発表を受けて、各団体・地方団体の談話や声明文を掲載します。
※各地団体や地域で出された談話や声明をお送りください。送り先:k25@shahokyo.jp

【談話・声明】
中央社保協→こちら
日本医労連→こちら
自治労連→こちら
全日本民医連→こちら
北海道社保協→こちら
石川県社保協→こちら
福岡県社保協→こちら
鳥取県民医連→こちら 鳥取県社保協→こちら
高知保険医協会→こちら、保険医協会四国ブロック→こちら