宣伝物

全労連/コロナ問題緊急労働相談ホットライン

解雇・休業補償・安全対策・ハラスメントコロナ問題の困りごとはすぐ相談

【日  時】 5月16日(土)午前10時~午後5時
(都道府県によって時間が変わる場合があります)
【電話番号】 0120-378-060(フリーダイヤル)
全国どこからかけても無料でつながります。
【相 談 例】
・コロナウイルスによる営業不振を理由に雇い止めされた
・明日から休んでくれと言われた。いつ復帰になるかわからない
・休んだ分の休業補償をしないといわれた
・在宅ワークをさせてくれない5.16コロナ問題ホットライン チラシ2のサムネイル

 

兵庫県社保協/コロナ問題の困りごとはすぐ相談~解雇・休業補償・安全対策・ハラスメント

(兵庫県社保協からの情報提供です)
困っていることがあれば、お電話ください
●コロナウイルスによる営業不振を理由に雇い止めされた
●明日から休んでくれと言われた。いつ復帰になるかわからない
●休んだ分の休業補償をしないといわれた
●在宅ワークをさせてくれない
● 正規と非正規で補償に差がある
●勤務日数や時間を短くされた
5.16コロナ問題ホットライン チラシのサムネイル

大生連/コロナウイルス感染拡大のもとで活用できる制度(一覧)

(全大阪生活と健康を守る会連合会からの情報提供です)
コロナ禍のもとで活用できる制度一覧(大生連作成)のサムネイル

(1)多くの生活保護利用者(とくに高齢者)や年金生活者はPCを持っておらず、「オンライン」と言われても理解できません。また持続化給付金などはPCから申請書を取り出さなければならず、この人たちの申請は締め出されています。そういう人たちを視野においた取り組みが求められます。あらためて地域にビラをまいて知らせる活動を重視する必要があります。また、全会員に電話をして安否確認をしながら、制度のことを知らせましょう。
(2)多くの人から、10万円の特別給付金を申請するにあたって、「どのように手続すればいいのか」「身分証明になるものは何か」の問い合わせが相次いでいます。身分証明は次の通りです。
【10万円の特別給付金申請時に必要な身分証明書となるもの】
①自動車(返納証明書も含む)。②船舶などの免許書。③身体障がい者手帳。④療育手帳。
⑤各種の資格証明書など。⑥健康保険証。⑦国民健康保険証⑧介護保険証。⑨後期高齢者保険証。⑩公的年金受給手帳⑪恩給の証書。⑫印鑑登録証明書など。
【生活保護利用者】
※夜間休日受診証、保護決定通知書、保護費が振り込まれる通帳など、各市区町村によってバラバラです。市町村に申し入れが必要です。大生連は大阪府・大阪市に要望していきます。
【府下の市町村の添付書類の対応】
寝屋川市:水道料金の引き落としの通帳で対応。
貝 塚 市:生活保護利用者は受給証明書で対応を検討。
柏 原 市:生活保護利用者は直近の受給者証、保護課で確認

 

三重県社保協/「三重県の地域医療・介護をよくするネットワーク」にご参加ください。

参加よびかけと緊急“結成集会”のご案内
 今、人類の前に立ちふさがる新型コロナウイルス。世界は立ち止まり後ずさりし、医療・介護の現場が崩壊するかもしれない危機を迎えています。
新型コロナウイルスへの感染の予防、治療のために医療体制の確立、暮らしを支える介護サービスなどの継続、未曽有の経済的危機など、広範な脅威に立ち向かい、県民のいのちと暮らしを守るために、医療・介護分野の関係者はもちろん、様々な分野の団体・個人が手をつなぎ、共同して危機に対応する必要があります。

そこで、緊急ではありますが、510日(日)「三重の医療・介護をよくするネットワーク」を結成することにしました。(開会時間1330~ 会場 三厚労組合事務所2階会議室)
ぜひ、“集会”への参加、会への加入をご検討いただきますよう、心からよびかけます。(2020年53日「三重県の地域医療・介護をよくするネットワーク」準備会)

詳しい情報・参加申込書⇒こちら

ネットワーク結成総会案内のサムネイル

千葉県メーデー実行委/新型コロナウイルス関連の労働・営業・生活相談のご案内

※千葉県社保協からの情報提供です。

新型コロナウイルス関連の労働・営業・生活相談のご案内です。どうぞこちらの情報はおおいに拡散してください。
〇5月1日(金)10時~15時 0120-378-060
※この電話番号は日常的に(平日10時―17時)は労働相談センターにつながります。
主催は第91回千葉県メーデー実行委員会です。
・労働者の相談
・事業主の営業相談
・暮らしや生活の相談
・各種助成制度の相談など 各分野の専門家が対応します。

5.1コロナ相談会チラシ_QR付のサムネイル

 

京都社保協/5月9日・10日「いのちとくらしを守る新型ころなウイルス感染症なんでも電話相談会」開催

京都社保協は、自由法曹団・民医連・生健会・京商連・京都総評などと「雇用とくらいの電話
相談会」を開催します。9日は10時から17時(フリーダイヤル0120−007−177、
法律相談は075−256−3360でも受け付けます)。10日は10時から16時(フリー
ダイヤル0120−077−177)です。相談員は、弁護士・ケースワーカー・ケアマネジャ
ー・生健会や京商連・京都総評・京都社保協の役員が対応する予定です。
非正規労働者、業者、学生、こども、女性、さまざまな不安や悩みをに寄り添い、解決策を
模索できればと思います。ぜひ、地域や職場で広げてください。

電話相談チラシのサムネイル