署名

「安心して生きられる国へ」~社会保障拡充を求める 署名(25条署名)の取り組みについて

 連日のご奮闘に敬意を表します。
 総選挙も終わり、安倍政権の暴走がますます加速されることが予想されます。国民のいのちと暮らしの改善、社会保障拡充を求める声と要求は大きくなっています。地域の要求に基づいた共同の拡大が、強く求められています。社保協運動の力を大きく発揮する時です。
 中央社保協は、2017年秋より、「安心して生きられる国へ~社会保障拡充を求める署名(25条署名)」に取り組みます。
 社会保障の拡充を求める要求は、国の各種調査等でも国民の6割をこえ、根強いものとなっています。署名は、社会保障は国の責任であり、各制度の拡充と財源確保を要請する内容です。各地域・職場で、「対話」運動としても署名を位置付け、社会保障拡充の世論を構築しましょう。
 署名は、版下データ(中央社保協、全日本民医連、全労連連名と中央社保協名)を配信します。それぞれ増刷りしての活用をお願いします。
 23日には、全日本民医連、全労連からそれぞれ加盟組織に送付されていますので、各地での共同での取り組みを追求していただくようお願いします。
 独自での増刷りとは別に、一部3円で署名用紙の購入も可能です。別途、申し込み用紙でご注文下さい。
 署名推進の積極的な取り組みをよろしくお願いします。

ダウンロードはコチラ:
社会保障拡充署名・チラシ面
社会保障拡充署名用紙・署名面
「社会保障拡充署名(25条署名)」の取り組みについて

[`evernote` not found]
Pocket

署名用紙/通称「これ以上、いのちを削らせない」をアップ

 安倍内閣は、1月20日に開会された第193通常国会(~6/18まで150日間予定)において国民・患者、利用者に負担増、給付削減を強いる医療・介護のさらなる改悪をねらっています。「社会保障のため」として強行された消費税増税ですが、多くの国民からは「国保料(税)が高すぎて払えない」「窓口負担が高くて病院にかかれない」「利用料負担が高くて介護サービスを減らした」など、医療・介護、社会保障の充実を求める声が寄せられています。「負担増」「給付削減」はストップの声を広げ、国会へ届けましょう! 新しい署名「これ以上、いのちを削らせない」の活用と署名運動推進にご協力をお願いします。あわせて、署名活用状況集約にもご協力をお願いします。

ダウンロードはコチラ⇒ 17署名・表 17署名・裏 署名活用集約表

[`evernote` not found]
Pocket

必要な医療と介護は国の責任で/署名にご協力ください。

SYO 安倍政権は、社会保障のかつてない大改悪を進めています。格差と貧困が拡大し、「生存権」保障に目を向けず、平和と民主主義を脅かす政府に、その怒りは世代を超えて広がっています。必要な医療と介護は国の責任で。安心して生きられる国へ。だれもが安全・安心の医療と介護を受けられるよう、署名にご協力下さい。 左の画像をクリックすると宣伝ビラをダウンロード出来ます。署名用紙は、下記をクリックして下さい。

署名用紙 (社保協版)はコチラ⇒ icon-pdf2015syomei1_shahokyo

署名用紙 (3団体版)はコチラ⇒ icon-pdf2015syomei2_3dantai

宣伝ビラはコチラ⇒ icon-pdf2015senden_bira

[`evernote` not found]
Pocket

安全・安心の医療・介護の実現を求める国会請願署名

icon-pdf憲法をいかして安全・安心の医療・介護署名の活用と注文について

ダウンロードはコチラ
icon-pdf安全・安心の医療・介護の実現を求める国会請願署名-表
icon-pdf安全・安心の医療・介護の実現を求める国会請願署名-裏

安全・安心の医療・介護の実現を求める国会請願署名(表)

安全・安心の医療・介護の実現を求める国会請願署名(裏)



[`evernote` not found]
Pocket