ニュース

千葉県社保協/新型コロナから県民のいのちとくらし守って 熊谷俊人知事に緊急要請懇談求める

いのちとくらしを守るなんでも相談会実行委員会ちば

◎28日「いのちとくらしを守るなんでも相談実行委員会ちば」は、県知事宛「新型コロナウイルス感染症から県民のいのちと暮らしを守るための緊急要請書」を提出。懇談と文書での回答を求めました。
昨年末と今年3月に行った「いのちとくらしを守るなんでも相談会」などで非正規労働者の雇い止めや収入の大幅減少、年金だけでは生活ができない高齢者、病気や障害で困難を抱えている人、身寄りもなく頼る人がいないと不安を抱く人など、様々な相談が寄せられ、あらためて現在の行政サービスの不十分さや改善すべき点が浮き彫りになりました。新知事の「新型コロナの長期化により苦しい状況にある中小事業者や県民に寄り添い、各種支援策によって底支えする」との所信表明に期待し、5月中旬の懇談を求めています。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

千葉県社保協通信第22号21.4.28(表面)のサムネイル●いのくら県緊急要請項目のサムネイル

424愛知共同行動/新型コロナ 愛知県の「現感染者数」推移は?

第1波最大250人(4/23)、第2波最大1956人(8/10)
第3波最大3846人(1/16)
第4波最大3162人(4/26―現在拡大中)

◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

NO121ー愛知県の現感染者数の推移(2021-4-28)のサムネイル

 

 

424愛知共同行動/新型コロナ ついに国内死亡者1万人突破!

4/26現在-1万8人(感染者死亡率1.8%)、累計感染者数-569,013人

国内の新型コロナ死亡者が4月26日現在で、ついに1万人を突破しました!これまでの累積感染者は57万人余りとなり、感染者の死亡率は1.8%となります。累計感染者数の多い順に①東京135,598人、②大阪76,483人、③神奈川52,571人、④埼玉36,992人、⑤千葉32,593人、⑥愛知32,121で、最小は㊼島根335人となります。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

NO120ー新型コロナ死亡者1万人突破(2021-4-27)のサムネイル

千葉県社保協/75歳以上 医療費窓口負担2倍化 NO ! ! の声 さらに

「千葉県社保協通信2020年度 21号」を送ります。

◎「コロナ災害を乗り越えるいのちとくらしを守るなんでも相談会」実行委員会による無料・全国いっせい電話相談会が4月24日行われました。千葉労連会場(12時~18時)には、12件(うち県外3件)の相談が寄せられました。矢澤純実行委員会ちば事務局長は、「コロナ感染拡大の収束が見通せない中、解雇、雇いどめ、商売が立ちゆかないなど深刻な影響が広がっている。寄せられた12件の相談の内9件は女性。とりわけ女性たちの困窮が浮き彫りになった」「国と県に対して支援策のさらなる充実を求めたい」と話しました。
◎22日、75歳以上の医療費窓口負担2倍化に反対する集会が衆議院第2議員会館内で開催され、県内からは、県保険医協会、年金者組合県本部の代表が集会に参加しました。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック
◆【資料集】ストップ 75歳以上医療費窓口2割負担⇒こちらをクリック

千葉県社保協通信第21号21.4.27のサムネイル

424愛知共同行動/1ヵ月間(3/24~4/21)で『現感染者数』は3.2倍に増加!

最大の大阪府は10.6倍!(1,313人から1万3,898人へ)
4/21時点では、現感染者数は人口10万人当り158まで急拡大し、12しか入院出来ていません! 8,530人(61%)がやむなく「自宅療養」の異常事態に!
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

NO119ーこの1カ月間の感染者拡大状況(2021-4-26)のサムネイル

 

福岡県社保協/欠陥だらけの後期高齢者窓口負担2割化法案、撤回しかない!

今国会での、後期高齢者窓口負担金2割化の問題は、この間の厚生労働委員会の審議でも明らかです。まず、法案の審議時間は新型コロナウイルス感染症関連の法案もあるため、ほんとんと審議時間がとられていません。そもそもこの状況下で、後期高齢者の窓口負担増をすべきではありません。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

福岡県社保協faxニュース№95(21.4.24)のサムネイル福岡県社保協faxニュース№94(21.4.15)のサムネイル

神奈川県社保協/「 75歳以上の医療費 2倍化 」 法案を廃案に追い込もう

「2割化反対署名」 県内 12万筆 、全国 100万筆 突破

4月 14日 から 、 衆議院 厚生労働委員会で、 75歳 以上 の医療費 2倍化を含む健康保険法一部「改定」法案の審議がすすめられています。 委員会審議の中で新たな問題点が明らかになり、 2倍化にする根拠も理由も不明確なまま、採決を強行 しようとしています 。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

210424神奈川社保協ニュース⑪のサムネイル

424愛知共同行動/【財務省 『 財政審 』 4/15】地域医療構想をより一層推進か

財務省 は 4 月 15 日 「財政制度 等 審議会 財政制度分科会 」 で 『 社会保障 』 総論 ・年金 ・医療 ・ 介護 ・障害 ・ 子育て ・その他 制度 について 集中 議論を行いました。 財政審は 財政健全化 に向けた 『 建議 』 (毎年 を まとめており 、 今回 は 膨張する 社会保障費を どう 抑制 するかをテーマに 現状 と 今後の方向性を 議論しました。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

NO118ー財政審議会ー地域医療構想推進と22年診療報酬改定内容を牽制(2021-4-24)のサムネイル

和歌山県社保協/第10回社会保障の現場からの報告を聞き考える会を開催

学童保育について NPO法人のびのびキッズ海南の川野さんから話題提供

4月22日(木)に第10回社会保障の現場からの報告を聞き考える会を開催しました。今回は学童保育の現状と課題について学ぶことをテーマに、NPO法人のびのびキッズ海南理事長の川野英子さんをお招きして話題提供をして頂きました。講師含めて13人が参加しました。川野さんから海南市の学童保育の様子をお話して頂き、和歌山県学童保育連絡協議会の活動についても紹介して頂きました。県の連絡協議会を通じて学童保育に常勤指導員の配置を国に働きかけ、各教室に1人ずつ配置されるようになったということです。指導員の賃金は3年前に時給950円(はじめの半年間は850円)に引き上げられたとのことです。
◆2021年版/各都道府県、地域社保協から届いたニュース一覧⇒こちらをクリック
2021年版/中央団体などから届いたニュースなどの一覧⇒こちらをクリック

社FAXニュース21.4.25 社会保障の現場から 年金天引き日宣伝活動 のサムネイル