ニュース

生存権にかかわる裁判を支援する静岡の会通信/名古屋地裁判決、原告の請求、すべて棄却

生活保護を削る国に追随!くじけない 控訴へ

生活保護基準引き下げ取り消しを求めた「生存権裁判」(いのちのとりで裁判)は6月25日、名古屋地裁で全国で初めて判決が出せれ、原告の主張をすべて棄却する「不当判決」が出されました。判決後、報告集会(市内で)が、翌26日には「6・26緊急院内集会」(衆議院第1議員会館)が行われ、怒りと抗議、そして「頑張ろう」の声が上げられました。この裁判は、2013年からの史上最大(平均6,5%、最大10%、年額670億円)の生活保護基準引き下げに対し、29都道府県で1027名(最大値)の生活保護利用者が立ち上がりました。

生存権裁判静岡の会通信 第24号(2020.6.29) のサムネイル

大阪社保協/今年度国保料多くの自治体値上げ

据え置きは寝屋川市・大東市・和泉市、値下げは千早赤阪村「新型コロナのもとで医療分一万円下げた」

現在大阪社保協では大阪府市町村アンケート入力作業中です。国保アンケートについてはすでに35自治体市町村から回答が寄せられています。
今年度保険料と昨年度保険料の比較板ランを作成しました。アンケートでは世帯所得0円、50万円、100万円、150万円、200万円、300万円で計算してもらっていますが、ここではもっとも多い所得層である100万円・150万円・200万円について比較しています。
大阪府統一保険料が一番高く、統一保険料に合わせている自治体は、現時点では池田市・柏原市・松原市・藤井寺市・高石市・岸和田市・貝塚市・熊取町・阪南市となっています。
一方、千早赤坂村は値下げとなっています。担当課に問い合わせたところ「新型コロナの中で、医療分が1万円下がるように保険料をふかした」とのことです。そしてまだアンケートは届いていませんが、八尾市も値下げとの情報です。据え置きは寝屋川市・大東市・和泉市となっています。

1236号のサムネイル

 

千葉県社保協/ピンチをチャンスに !!「全世代型社会保障」見直し求め、“いのち・くらし守れ”地域からの共同さらに

千葉県社保協第26 回定期総会

千葉県社保協は、6月20日(土)千葉市内で第26回定期総会を開催。「緊急事態宣言」は解除されましたが、コロナウイルス感染防止のため参加者を絞り、15団体・11 地域社保協29人が出席しました。社会保障解体路線を加速させる安倍政権の下で、「全世代型社会保障」政策の見直しを求め、憲法に基づく社会保障の在り方や財源問題など学習を深め、連帯を大切に、これまでの運動で築いてきた成果を確信に、地域からの共同の行動に奮闘することを確認しました。

千葉県社保協通信1号のサムネイル

北海道社保協/国立病院機構八雲病院機能移転計画

重症患者 ・重度障害者 を八雲から 札幌・函館・帯広へ の 移送 は やめて

全医労・道医労連は、患者さんや家族とともに、 新型コロナウイルスによる八雲病院機能移転計画の延期を求め て 、国立病院機構や国会議員などに働きかけをしています。
<札幌までは 245 キロ 移送時間は 6 時間以上>
国立病院機構八雲病院( 240 床)は、筋ジストロフィー 120 床)、 重度心身障害児者 120 床)が療養しています。この病院を廃止し、札幌の北海道医療センター 245 キロ) や国立病院機構 函館病院 82 キロ)など に患者を移送する計画です。入院患者の多くは 免疫力 が 低 く、安全かつ感染リスクを避けて移送することは難しく、移送先の医療機関は、新型コロナウイルス感染症患者を受けている ため、患者の家族から心配の声が寄せられています。

ほっかいどうの社会保障20200620のサムネイル

岩手県社保協/介護保険の抜本改善を!社会保障は国の責任で!5・27 「介護・社会保障署名提出行動」

中央社保協では、5 月27 日「介護・社会保障署名提出行動」を行いました。
主催は、認知症の人と家族の会、21 老福連、全労連、全日本民医連、中央社保協、年金者組合、日本高齢期運動連絡会の7者です。参加者は、各団体代としたため、30 名程度となりました。主催団体以外には、「守ろう!介護保険制度・市民の会」から2名の参加がありました。
出席議員は、岡本あき子議員(衆院・立民)、宮本徹議員(衆院・共産)、芳賀道也(参院・無所属)、倉林明子(参院・共産)石垣のりこ議員秘書(参院・立民)、川田龍平議員秘書(参院・立民)の6 名でした。紹介議員は衆参合わせて20 名です。岩手県選出、国民の横沢高徳議員も紹介議員になっています。

社保協ニュースNo6(20.6.15)新型コロナと保健所のサムネイル岩手県地方自治研チラシのサムネイル

石川県社保協/「医療機関・介護事業所の減収に対して新たな公的資金の導入」を厚労省に要請する!!

150事業所113運動団体の署名提出

6 月15 日、藤野保史衆議院議員を通して、厚労省に団体署名263 と個人署名933 筆を届けて、45分にわたり、「医療機関・介護事業所の減収に対して新たな公的資金の導入」を要請した。
厚労省からは、4 名(医政局地域医療計画課精神科医療計画係・上野智浩氏/医政局医療経営支援課医療法人指導官・高橋直人氏/新型コロナウィルス対策推進本部技術総括班課長補佐・松村達司氏/老健局高齢者支援課予算係長・宮本和也氏)が忙しい時期にかかわらず応対し回答をしてくれた。

石川社保協ニュース 2020年6月16日のサムネイル

全労連/東京医労連がツイッターデモ 生協労連も合流!

“介護をよくするアクション月間”実施中!

東京医労連は6月7日から14日までを「介護アクションTwitter デモweek」として、#介護アクション #補償で防ごう感染拡大のハッシュタグで介護の現場からの訴えを行いました。最終日の14日には2時から1時間の宣伝行動をYoutubeでライブ配信し、412人が視聴しました。同日、生協労連もツイッターデモに合流、介護現場の実態を次々ツイートしました。

社保ニュース113(ヘルパーネットNews⑩)のサムネイル

大阪社保協/今年度自治体キャラバン行動要望書を発送~各市町村から続々と反応あり。

6月9日、大阪市・堺市・河南ブロック(太子町・千早赤阪村は除く)を除いた市町に対し下記の内容での要望書を発送、大阪市に対しては6月10日の大阪市内ブロック会議での検討を踏まえ本日15日発送しました。河南地域については6月11日のブロック会議を踏まえ、独自項目を追加し今月中に発送することとしています。
★今年の自治体キャラバン行動のスタンス
なお今年度のキャラバン行動のスタンスは以下で、各市町村にもこの内容で伝えています。
○今年度は新型コロナウィルスの関係上これまで通りの多人数で集まっての2時間の懇談をお願いするのは無理だと判断。
○要望書への文書回答を遅くとも7月末までにメールでいただく。
○回答については届き次第、大阪社保協ホームページ「2020年度自治体キャラバンページ」にアップ
○懇談については、少人数で短時間でできないか等、個別当該地域社保協と相談。例年のようなキャラバン隊は組まない。
○多人数でのブロックごとでの事前学習会も企画しないが、ZOOM学習会等できないか検討したい。

大阪社保協通信⇒1235号

1235号のサムネイル

全日本民医連/6 月 10 日(水)国会議員要請行動

6月 10 日(水) 、コロナ禍で 経営が 深刻 化している 医療機関、介護事業所 への財政
支援を求める緊急の 国会議員要請行動を行い 、 東京、埼玉から 16 名の 参加がありま
した。 日本共産 党 倉林 明子参議院 議員、 立憲民主 党 岡本 章子衆議院 議員 、無所属芳
賀 道也参議院 議員 から 国会情勢の報告を 頂き、各地から寄せられた団体署名 「すべ
ての介護施設・介護事業所への緊急財政支援を求めます」 1,109 筆 を厚労大臣 宛てに
提出しました。要請 行動に先 立ち、 全日本民医連木原事務局次長、林事務局次長から報告を受けました。

全日本民医連介護ウエーブニュース⇒介護ウェーブ2020推進ニュースNO.6
資料⇒別添① 2020年6月10日 国会議員要請行動報告資料-2
資料⇒別添② 勝ち取る会ニュースNo.28

介護ウェーブ2020推進ニュースNO.7 のサムネイル別添② 勝ち取る会ニュースNo.28のサムネイル