宮城県社保協/新型コロナウィルスから見える福祉の未来

福祉ウェーブ2020(Web開催)Web開催で94人が視聴参加!

毎年秋に福祉関係者が一同に集い、集会・パレード・街頭宣伝を行ってきた「福祉ウェーブ」は、今年コロナ禍でWebでの学習会に切替、11/8(日)に開催し94名が参加。特別報告では、コロナ感染クラスターが発生した「みぬま福祉会(埼玉県)」太陽の里園田施設長が講演。クラスターが発生した当時の状況から安全宣言に至るまでの経過を体験から語られ、「コロナの正確な情報」「地域や行政との連携や結びつき」等強調されました。
また、学習報告では2021年介護保険制度改正内容や保育所でのコロナ禍の実態が報告され、今後の署名活動の推進などの取り組みについても参加者全員で共有しました。
(左上写真:Web講演した頂いた園部施設長(一部加工))

FAXNEWS No829のサムネイルアピール大行動大行動2020ニュースNo13のサムネイル介護県民フォーラムニュースNo3のサムネイル