宮城県社保協/コロナ禍/安心して生活できる施策のアピールを

アピール大行動実行委員会/郡仙台市長との懇談

8/28(金)みやぎアピール大行動実行委員会では、昨年9月開催したアピール大行動のアピール文等を郡仙台市長に手渡しました。今年2月に懇談申し入れを行い6ヶ月を経てやっと実現しました。
障害当事者中心にコロナ禍に関し4名が発言。郡市長からは「(コロナ禍)暮らしのサポートへの不
安に対して“しっかりした体制をとる”」と発言。「“安心してください”という発信をしていきたい」と述べました。市長退席後、担当課との懇談では、具体的な要望が参加者から次々だされ、市の施策の具体的な発信を求めました。

FAXNEWS No819のサムネイル20200904 アピール2020NEWSのサムネイル