宮城県社保協/コロナ禍の今こそ、医療費抑制ではなく地域医療の拡充を!

9/11(金)地域医療を守る共同行動みやぎ連絡会が日本共産党県議団との懇談を行い5団体6名が参加。県議団全県議が対応。懇談では、県立がんセンター・東北労災病院・仙台赤十字病院3病院統合問題についての意見交換を行いながら情報の共有が行われました。また、県議が訪問した病院では「N95マスク不足で、医師の名前を付け、そのつど消毒して使用している」などの実態の報告もありました。

FAXNEWS No821①のサムネイルFAXNEWS No820のサムネイル