宮城県社保協/みやぎアピール大行動2020

コロナ禍・災害で感じた差別や生きづらさ
“それでも地域で私たちは生きていく”

11/1(日)みやぎアピール大行動2020が行われ、大集会には120名・大行進には50名が参加して、差別のない社会の実現を求め声を響かせました。
コロナ禍での開催で、集会会場も縮小して行わましたが、開催会場は熱気に包まれ、当事者リレートークではコロナ禍での障害者の生活や思いをそれぞれアピール。9名が思いを語りました。集会ではアピール文を採択し思いを共有しました。集会後、元鍛治丁公園から仙台駅前までdデモ行進を行いました。
当日の様子はTBCで放映もされました。

FAX No828のサムネイル20201023 アピール2020NEWSのサムネイル