資料(その他)

福井/白血病の30代男性、生活保護受け命つなぐ。

福井県社保協錦織さんより、情報提供をいただきました。

白血病を患い、生活の困窮により高額の薬代が払えず「余命3カ月」を宣告され、移植で一命を取り留めた福井市の男性(38)が、福井新聞の取材に対して、当時の思いなどを語り「生活保護など社会のセーフティーネットをしっかり理解し活用することが大事」と訴えた。元気を取り戻した今は、ファイナンシャルプランナーになって金銭的に困っている患者を救いたいと夢を抱く。・・・全日本民主医療機関連合会の16年の調査によると、医療費が払えず受診が遅れ亡くなった人は、福井県など28都道府県で58人に上った。(福井新聞5/15付け)

詳しくはコチラ⇒福井県社保協~新聞切り抜きより

[`evernote` not found]
Pocket

全日本民医連/2017年経済的事由による手遅れ死亡事例調査資料

全日本民医連は「2017年経済的事由による手遅れ死亡事例調査」を行ない、4月18日記者会見にてその概要を発表しました。調査期間は2017年1月1日~12月31日、全日本民医連加盟の全国639事業所を対象に行なわれ、①国保税(料)、その他保険料滞納などにより、無保険もしくは資格証明書、短期保険証発行により病状が悪化し死亡に至ったと考えられる事例②世紀保険証を保持しながらも、経済的事由により受診が遅れ死亡に至ったと考えられる事例が、29都道府県連から63事例が報告されました。  詳しくはコチラ⇒

2017年経済的事由による手遅れ死亡事例調査資料

[`evernote` not found]
Pocket

財務省/75歳超医療 窓口2割負担案など【4/25財政制度等審議会財政制度分科会】

財務省は4月25日、75歳以上の後期高齢者が医療機関で支払う窓口負担について「後期⾼齢者数や医療費が毎年増加し、これを⽀える現役世代の保険料や税の負担が重くなっていく中、世代間の公平性や制度 の持続可能性を確保していく観点から、まずは75歳以上の後期⾼齢者の⾃⼰負担について2割負担とすべき」、また介護保険についても「制度の持続可能性や給付と負担のバランスを確保する観点から、介護保険サービスの利⽤者負担を原則2割とするなど、段階 的に引き上げていく必要」との考え方を提示しています。

財務省の資料①はコチラ⇒2018年4月25日財政制度等審議会財政制度分科会資料

財務省の資料②はコチラ⇒2018年4月25日財政制度等審議会財政制度分科会参考資料

 

[`evernote` not found]
Pocket

2014年「全国市町村介護保険改定に関する緊急調査」報告書

icon-pdfアンケート結果について

icon-pdf自治体介護保険緊急アンケート用紙

icon-pdfアンケート最終結果

icon-pdf「多様なサービスの見通しなし」についてひと言

[`evernote` not found]
Pocket

医療介護総合法案廃案要請

1.「医療・介護総合法案」を廃案にしてください。
2.国会での審議は、国民の声ならびに、医療・介護現場の要求に耳を傾け、十分な時間を確保してください。
3.医療・介護の保険料と自己負担を引き下げてください。また、低所得者などへの減免制度を拡充してください
4.「要支援」などの保険外しを止め、医療・介護を営利企業の金儲けの場に変えないでください。国の責任と公的保険ですべての国民に安心の医療・介護を保障してください。
5.介護にかかわる人たちが安心して働き、生活できるよう介護報酬引き上げをはじめ、実効ある処遇改善策を実施してください。
6.消費税増税ではなく、大企業や富裕層に応分の負担を求めることで必要な財源を確保してください。
icon-pdf【FAX】「医療・介護総合法案」の廃案と徹底的な審議を求める要請
icon-pdf【要請書】「医療・介護総合法案」の廃案と、憲法をいかし、安心の医療と介護を求める要請

[`evernote` not found]
Pocket

厚労省のパブリックコメントにご意見を募集しております。

icon-pdf「改正」生活保護法省令案に対するパブリックコメント
icon-pdf「生活保護法施行規則の一部を改正する省令(案)」に関する御意見募集(パブリックコメント)について
icon-pdf【東京新聞】生活保護の申請「まず書面」に逆戻り?

[`evernote` not found]
Pocket