長野/みんなの願いは窓口無料。5/27「福祉医療給付の改善をすすめる会」総会に31名参加

現物給付化(8月)で、市町村の重要な前進と運動成果を確信に、更なる制度の拡充をめざして奮闘しよう!

5月27日(日)、福祉医療給付の改善をすすめる会の年次総会が開かれ加盟団体などから31名の方が参加しました。総会では、前半学習講演として、群馬県新婦人の会会長の野村喜代子氏から「群馬県での子どもの医療費完全無料化実現の運動と今」と題して講演があり、続いてすすめる会の会長で健和会病院副院長・小児科医の和田浩医師から「無料化反対論をどう考えるか」と題した講演を受け、後半、年次総会が開かれました。

詳しくはコチラ⇒20180530ニュース18-1号

[`evernote` not found]
Pocket