神奈川/第18回かながわ社会保障学校~125人参加で「権利としての社会保障制度の確立を」学ぶ‼

4月14日、県社保協主催の「第18回かながわ社会保障学校」は、「社会保障制度は国民の権利」をテーマに開催し、28団体・個人125人が参加しました。第1部は、唐鎌直義さん(立命館大学産業社会学部教授)より、「国民の権利としての社会保障制度の拡充を」~「格差」と「貧困」をなくすために~と題して講演しました。  詳細はコチラ⇒180426神奈川社保協ニュース⑪

[`evernote` not found]
Pocket