大阪/堺市「担い手登録型サービス」、ケアプラン支援会議は「白紙」

osk1142 7月8日、堺社会保障推進協議会は、来年から始まる「総合事業案」について堺市高齢施策推進課と交渉(意見交換)を行いました。昨年から堺社保協が市内の介護事業者にも呼び掛けて、総合事業がよりましなものになるよう交渉を重ねてきました。その結果、当初の当局案が修正され、「緩和型サービスは実施しない」との案になっていました。

詳しくはコチラ⇒ icon-pdf大阪社保協FAX通信

[`evernote` not found]
Pocket