大阪/まともな説明・議論なしに「最終案了承」~大阪市社会福祉審議会

osk 7月27日、大阪市社会福祉審議会高齢者福祉専門分科会は、まともな議論もなく大阪市福祉局の示した「新総合事業のサービス利用の流れについて」を「了承」しました。最終案は、利用者の「選ぶ権利」とケアマネジャーの裁量権を否定する暴挙とも言える内容となっています。

詳しくはコチラ⇒ icon-pdf大阪社保協FAX通信

[`evernote` not found]
Pocket