和歌山/第7回年金裁判・支援する会総会に130人が参加

琴浦・県地評議長あいさつ 地域社保協結成に期待

5月18日(金)、年金裁判の第7回公判が開かれ、130人が参加しました。裁判のあと、引き続き「支援する会」総会が開かれました。全国44県で原告団が結成され、5,113人に達したとの報告がありました。和歌山県では103人の原告団になりました。広島県では14回の裁判を終え、早ければ年内にも結審する可能性があるということ、新潟県では裁判のたびに新たな原告を増やす運動を行っているなどが報告され、裁判闘争が全国で盛んに展開されている様子がうかがえました。支援する会総会では、県地評の琴浦議長があいさつし、年金裁判の運動を通して、地域社保協の結成をすすめてほしいと期待を述べました。

詳しくはこちら⇒社FAXニュース18.5.21 年金裁判 支援する会 

[`evernote` not found]
Pocket