千葉/障がい者福祉の改善・充実を求め 署名2103筆提出 

3月15日、袖ヶ浦福祉センターの存続と充実を求める会の代表ら6人は、千葉県庁障害福祉課に赴き、この間集めた千葉県知事への署名2,103筆を提出(写真)。障害者福祉の重要な施策のひとつである袖ヶ浦福祉センターを県立障害者施設として存続し、改善するよう求めました。

詳しくはコチラ⇒ 千葉県社保協通信

Pocket