千葉/社会保障としての国保を考えるシンポジウム 開く 

chb 貧困と格差が広がるなかで、社会保障制度としての国民健康保険(国保)制度の存在意義が問われています。こうしたもとで、11月25日千葉市内で開かれた「社会保障としての国保を考えるシンポジウム」が開かれました。千葉県社保協加盟団体や地域
医療連絡会、国保の会、地方議員などあわせて73人が参加しました。

詳しくはコチラ⇒ icon-pdf千葉県社保協通信

Pocket